御礼:第1回「初瀬の小さな古本市」

10月8日(月)、第1回「初瀬の小さな古本市」開催いたしました。


「今はまだ古い空き家」のこもりくブックセンター(仮称)、

本との出会いをつくれる場所にできないかな~・・・、と思い、

その一歩として、初めて開催してみた一箱古本市。


台風もそれて秋晴れの中、無事に終えることができましたー!

庭先での二箱だけの小さな古本市でしたが、

本当にたくさんの方にお世話になり、

心から感謝感謝です。


当日まで色々相談に乗ってくださった方、

チラシや宣伝や運営に協力してくださった方、

お越し頂いた方、SNSなどで興味を持ってくださった方、

「何かやってるんか?」と気にかけてくださった近隣の方々・・・

ただただ有難いな、と思うことしきりです。


そして、当日並行して開催した「たたみはがし」。

流動創生、という福井県南越前町の事業により来てくださったRoundTripチームは、

あっという間に古い畳を上げてくれて、清掃センターまで運んでくれただけでなく、

・からまったツルの除去

・開かず状態だった扉の解放

・庭の整備

・今後の”本”への提案

・初瀬という街に対する外部視点のコメント

などなど、、、1日の滞在にも関わらず濃密な足跡を残していってくださいました。

もうありがたい・・しか言えないです!


「外から”風の人”が訪れる」ことを体感出来て、物凄く貴重な経験が出来ました。


 ※「流動創生」については、ホームページやFacebookもありますので、

  ご興味ある方はぜひチェックください。

   流動創生~場所や組織に縛られない生き方~

   ホームページ:http://ryudou-sousei.jp/

   facebook : https://www.facebook.com/ryudousousei/


そして、この場を借りて・・・ですが、

自分ひとりでは何もできなかったであろう私と

一緒にブックセンターづくりに携わってくれている

こもりくブックセンター”センタ長”、であるところのblue moment.さんにも

ひたすらお礼!!です。

(奈良の魅力が詰まった一箱が素敵すぎた・・・)


とにかく喜びと学びの多い1日でした。

勇気を出して開催してみて、本当に良かったです。


ゆっくりゆっくりになると思いますが、

この先も一歩ずつ進めて行ければな、と思っています。


関わって頂いた皆さま、本当にありがとうございましたー!

こもりくブックセンター

奈良県長谷寺のお近く。今はただの古いおうち。

0コメント

  • 1000 / 1000