古い空き家

誰も住まなくなった空き家があります。

中はこんな感じ。ひっそりと時間が止まっています。

母屋の隣には小さい土間。小さなかまどやうす?は、50年以上、使っていません。

誰も住むあてはないし、取り壊される寸前です。

でも・・・この街を生きてきた古い家。なんだか後ろ髪をひかれています。

長谷寺の街

ここに住んでいた祖母は、毎朝「観音さん」のところにお参りに行っていました。

家から15分ほど歩いたところにある「長谷寺」です。

雄大な景色を眺めることができて、ゆったりとした時間が流れる、素敵なお寺です。

ここで毎朝行われている「朝の勤行」は、誰でも参加することができます。

お天気の良い日、朝陽を浴びる瞬間は本当に清々しくて、まるで生まれ変われるような気分になります。

空き家活用の夢

お参りをした後、ふらっと立ち寄ってぼーっとしてもらえるような場所、

お茶を飲んだりしながら、その日1日の楽しいことを考えたり、のんびり本を読んだり考え事ができるような場所、

この場所をそんな風に使うことはできないかな、という夢を持つようになりました。

さらに、旅人が立ち寄ってお仕事をしたり、何人かで他愛のない談笑ができたり・・・ゆくゆくはそんな場所にもしてみたい。

この場所は、私が住んでいる街から500キロも離れた場所にあります。

「空き家改修」なんてきっと簡単じゃないし、まして遠方。建築の知識も商売やビジネスの立ち上げの経験も何もない。

でも、遠くに住んでいるからこそ、ここに拠点をつくって、あちこちから人が集まるようになって、この街の良さを知ってもらえたらなんて幸せなんだろう、という夢も広がりました。

あるのはこの街と家への愛着と「やってみたい」という気持ちだけ・・・。

どこまで何ができるかわからないけど、できるだけのことをやってみたい。

さて・・・・何から始めていきましょう・・・

そして「こもりくブックセンター」へ

活用を模索し始めて約2年。

ここを「”本”が楽しめる場所」として目指したいと思うに至りました。

初瀬という土地から「こもりくブックセンター」と名付けます。

まだまだ道のりは長いけど、一つずつ進めていければと思っています。

こもりくブックセンター