いずおちか

記事一覧(17)

11月18日(日)第二回 初瀬の小さな古本市。バザールや特別拝観も。

初瀬、というまちで「本と触れ合える空間」をつくることが出来ないかな・・・という妄想の一歩として開催してみた10月8日(月)「初瀬の小さな古本市」。(無事、開催できました。ありがとうございました!)ご縁あって第2回を開催する運びとなりました。日時:2018年11月18日(日)10時~15時 ※雨天決行(荒天中止)場所:こもりくブックセンター(仮称)出店者: ・旅本屋na_am(なーむ)☆初出店♪☆ ・Blue moment. ・「人と本と酒」みろくや※「初瀬の小さな古本市」は、2005年から東京の谷中・根津・千駄木で行なわれている「不忍ブックストリートの一箱古本市」を参考にしています。http://sbs.yanesen.org/ この日の初瀬は、古本市のみならず、他にもいくつかのイベントが行われます♪秋の紅葉の日曜日、もし良ければ初瀬のまちをお散歩がてら、あれこれ訪れてみてください~。・秋のしあはせばざーる 時間:11時~15時 場所:ゲストハウスいったん こもりくブックセンターから徒歩30秒! 長谷寺駅からも徒歩5分で行けるゲストハウス「いったん」さんではバザールが開催されます。 今回で5回目を数える「しあはせバザール」。 可愛い雑貨や美味しいお菓子・・・今回は何に出会えるでしょうか。   詳細はfacebookをチェックください。  ⇒https://www.facebook.com/events/370592353480272/ ・観音様のご縁日 毎月18日は長谷寺のご縁日。 門前の参道には、「わらしべ長者」にちなんだ暖簾が掲げられています。 この暖簾を見ながら物語を追って、長谷寺への道を歩いていくのは、なかなか楽しいですよ。

Special Thanks ~寄付本を頂きました~

10月8日(月)に開催した「初瀬の小さな古本市」では、「ブックセンターリサイクルボックス」と称し、本の寄付を募っておりました。なんと、東吉野にある人文系私設図書館「Lucha Libro」のご夫妻に来て頂き、素敵な寄付本(2冊)とメッセージを頂きました。ありがたい・・!ありがたすぎます。個人的にも、見た瞬間、「おおお、『夏への扉』じゃないですか!」。テンション上がりました。まだ会社で働き始めて数年だった頃・・・お世話になった尊敬する先輩2人がべた誉めしていて、貸してくださーいと言って読んだ思い出の本です。「仕事は楽しくやらんなあかんで~」ということを教えてくれて、私が今ここにいるのはその方々の影響もある・・・と日頃思っている先輩方。なんだか不思議なご縁を感じたというか、幸先いいなあ・・・と幸せな気分になりました。寄付を頂いたこともそうですが、何よりこの初瀬という土地に訪れて頂いたこと、本当に本当に感謝しかありません・・!ありがとうございました!ちなみにこの翌日、Lucha Libroさんにお邪魔したのですが・・・素敵空間すぎて鼻血出そうでした。(それは別途また書きたいです。)次回の小さな古本市は11月18日(日)開催予定です。寄付頂いた本を「閲覧専用」にして、空き家の縁側でのんびり読んでもらうスペースを設けられないかな~と画策中です。